自動車保険に加入しておいてよかったと思った時

ある日、夜遅くに会社での仕事を終えて退社しようと車に乗り込み会社を出ようとしました。疲れていたせいか、隣に駐車していた同僚の車に当ててしまいました。これはまずいと思い、急いで持ち主に報告しました。傷と数センチの凹みが出来てしまい、相手様が修理を希望するとの事でしたので警察と保険会社に連絡しました。夜の9時頃だったにも関わらず、あまり待つ事なく現場に保険会社の下請けの人が来てくれました。停車中の車に当ててしまったので、過失割合は10割です。事故の現場検証と相手の損傷具合を写真で記録して、その日は終わりました。後日、私の方に電話が入り今後の流れについての説明がされました。具体的な相手の修理額が分かり次第また連絡を頂けるとの事でしたので全部任せました。数日後に修理額が確定したので、保険を使って相手の修理代を負担しました。事故を起こしてしまってから、スムーズに対応してもらえて本当に助かりました。車に乗る以上、いつ何が起こるか分からないので、保険に入っておく事の大切さを改めて実感した体験でした。

“自動車保険に加入しておいてよかったと思ったのは、事故を起こしてしまった時です。初めて事故を起こしてしまったのは、免許を取得して車を運転し始めたばかりの1年目のことでした。

自分の運転であちこち行けるようになったことが嬉しくて、仕事が休みの日は1人でドライブに出かけるのが日課となっていました。主に道を覚えるのを目的として、行き先も決めずに車を走らせていました。

そんな時、事故は起きてしまいました。車線変更した際、後続からきた車と接触してしまったのです。私の後方確認の不注意が原因でした。人生初の事故を起こしてしまったことで、頭が真っ白になってしまいました。相手の方は慣れた様子で警察に電話していました。それほど破損は酷くなかったので、それぞれの車で警察署に行きました。警察署では、事故の様子を聞かれ、書類が作成されました。

その後、相手の方の名前や保険会社の連絡先などを確認しました。私は加入していたJAの自動車保険の担当者に電話しました。ひと言目に「お怪我はありませんか」と体を気遣ってくれた時、泣きそうになりました。事故内容をある程度説明すると、「後はこちらでやりますから、安心して下さい」と言われました。とても安心感が持てる対応をしてもらえました。その時ほど、自動車保険に加入していてよかったと思ったことはありませんでした。”

PR|アフィリエイト相互リンク|住宅リフォーム総合情報|心の童話|生命保険の口コミ.COM|オーディオ|GetMoney|JALカード|童話|英語上達の秘訣|サプリメント|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|生命保険の選び方|初値予想|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|女性向けエステ.com|

コメントを残す