注文住宅で子供のために気をつけたこと!

子供がノビノビと過ごせるようなマイホームにしたかったので、一戸建てよりは児玉市で注文住宅を建てようと検討していました。土地を見学しにいった時、周辺にはアパートやマンションなどもなく、住宅街だったので、けっこう普段から日差しもある場所ですし、じっくりと室内に関して相談してみました。リビングは日差しが入り明るい雰囲気にしたいので、そういった部分も含めて設計し、そして本棚も壁に埋め込み式で作れないか相談しました。本棚を別途購入するとなると、かなり部屋が狭くなるので、それはちょっとスペースがもったいないな〜と感じ、洋服など収納する押し入れも上手に見えないような押し入れにすることで、インテリアにもなります。
新築住宅についてアレコレ相談していたら、注文住宅プランを立てた方が予算もあらかじめ設定できるし、選べる材料なども予算によって大肌に違いがでてくるのも実感できるようになりました。昼間も十分な日差しをリビングは入るようにジックリ相談することができたので、とても良かったです!
リビングはあまり物を置かずに上手に片付けができ、そしてシンプルな雰囲気になっていることが重要なので、そういった部分をはっきり伝えるとリビングは開放感があって、子供が自由に遊べるように広々と取り、家の中心はリビングといった雰囲気に設計してもらいました。真ん中は吹き抜けっぽくして階段を上手に活用し、そして2階もシンプルで快適な住まいになりました。
子供のために気をつけたことは、リビングの造り方です。日差しが入り、自由に遊びながら本棚もあるので、本を読むことも可能ですし、自分が好きなことを子供達は選んで実行できるように工夫してもらうことにしました。アレコレこちらの要望を取り入れてもらい、予算の範囲内で出来たので完成した時はとても嬉しかったです。子供達もリビングで充実した時間を過ごすことがきるので、安心して過ごせる明るい雰囲気になっています。

PR|住宅リフォーム総合情報|心の童話|生命保険の口コミ.COM|オーディオ|JALカード|童話|英語上達の秘訣|サプリメント|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|生命保険の選び方|初値予想|お家の見直ししま専科|

コメントを残す