事故処理のプロである損害保険会社に相談

後部座席のドアを開けた時に、後ろから来たバイクが衝突しました。バイクは転倒したものの、特に怪我もなく、警察は物損事故として処理しました。ところが、1ヵ月あまり経ってから、相手から人身事故への変更処理がなされ、全治1週間の軽い打撲との診断書が提出されました。それから2ヵ月以上の通院をし、ダラダラも保険金請求をされ続けました。相手はとても素直な青年だったのですが、19歳の未成年者だったため、母親が代理人として嫌がらせをしていたようで、ゲンナリです。

基本的には、保険会社の担当の方にお願いし、こちらから取り立てて大きな動きをせず、保険金ですませた形です。そして、警察署に相談に行きました。「こんな軽い怪我では、裁判所も動くことはないので、罰金になることも99パーセントはないでしょう。」と、言ってくださったので安心しましたが、最後まで不安は残りました。また、後部座席を開けたのが中学生の子供でしたので、警察に子供の資料が残ることが不安でした。それに関しては、主人が警察の調書にサインせず、こちらが納得いくまで書いて頂きました。

まずは、事故処理のプロである損害保険会社に相談し、ご自身が前に出ないことだと思います。相手が入院等の大きな怪我になった場合は、菓子折りを持ってお詫びに行ったほうが、後々大きな揉め事にならないと思います。